學院案内



本学院は幼児から書道経験者まで、幅広いニーズに応じて指導しております。


中国より日本に漢字が伝来したのは450年頃と言われておりますが、 その時以来書道は日本の風土や文化に合わせ独自の発展を遂げて来ました。
現代では文字は物事を記録し伝えるだけのツールに留まらず、絵画や彫刻、音楽等と並び芸術の一つとして多くの方々に愛されております。

書道の指導に携わって30余年、様々な方に書道の楽しさをお伝えして参りました。

本学院は各書体の基本をしっかりとマスターした上で、永く続けられる趣味として書道を楽しむ方、独自の作品制作をする事を目標とされる方、指導者として教室を開く事を目指して頑張っている方等、多くの生徒さんが通われています。

携帯電話やパソコンが普及し、普段文字を書く事が少なくなって来ている方は大勢いらっしゃるかと思います。仕事や日常生活で多忙な毎日を送られている方が殆どかと思いますが、そんな時代だからこそ硯に向かい墨を擦り、気持ちを落ち着かせ筆を持つというアナログな時間を過ごしてみては如何でしょうか。




講師紹介
作品 作品 産経国際書会評議員
日本刻字協会参与

1961年 東京都杉並区生まれ。
初代堀野哲仙先生、二代目堀野哲仙先生、齋藤青鳥先生、齋藤香坡先生、見学素影先生に師事。

10才より書道を習い始め、20才で師範免許取得。22才より指導を始め現在に至る。
2015年4月、独立し國際書道藝術學院設立。
中国北京、上海、西安、洛陽、大連、南京等での展覧会に出品。
2011年8月、50才を記念し銀座鳩居堂画廊にて個展開催。